ロンドン食と農の便り(Monthly Report)

ロンドンの食とイギリスの農業について毎月レポートを書きます。

ロンドンのおいしい食べ物

第33回 現代に生きる王室御用達の名店コレクション(前編)

英国では、15世紀頃から続く「王室御用達」(Royal Warrant) の伝統が、現代の認証制度に変身を遂げ、いまも800の業者が王室より紋章を授与されています。 宝探しをする気持ちで、ロンドン市内で見つけられる紋章のコレクションに出かけてみませんか。

第15回のつづき ヒースロー空港で買えるお土産(JAL編)

イギリスの玄関口ヒースロー空港では、日本との直行便を運航するJALは第3ターミナルから発着します。 先日、第3ターミナルを使う機会があったので、このターミナルでどんなお土産(食品)が買えるかを取材してきました。

第31回 美しく食べるビーガン料理

肉や魚を食べない人たち、特に乳製品や卵など一切の動物性食品を受け付けない「ビーガン」は、ますます勢いを増すばかり。肉や魚を食べない生活など到底考えられない私だが、世間を賑わす「ビーガン」とはいったいどんなものなのか、覗いてみようではないか。

第30回 イギリスでお米はどのように食べられているか?

日本人はどの国に住んでいてもご飯が恋しくなるもの。ところがロンドンのレストランで出てくる"rice"は日本のご飯とはまったく別ものだ。 イギリスではどのようにお米が食べられているのか。片っ端から試してみようではないか。

第29回 おいしいFish & Chipsを求めて

イギリスといえばFish & Chips! 日本からお客さんが到着したら、パブへお連れしてエールビールとFish & Chipsをお楽しみいただくのが定番。この3年間で30回以上食べたでしょう。そんなにたくさん食べたのなら、いったいどの店がいちばん美味しかったのか…

第28回 チーズから学ぶ英国の地理

ヨーロッパのチーズ作りは地元の伝統に密着しながら営まれてきた。これはイギリスでも同じだ。英国産チーズの由来を知ることは、イギリスの地理と歴史を学ぶことに他ならない。

第26回 イギリスでみつける地域名産品

イギリスはどこへ行ってもFish&Chipsしか食べるものがなくて、がっかりすることが多い。ほんとうにイギリスには地域名産品といえる食べ物が無いのか、実態を探ってみたい。

第25回 ロンドンで買える世界の食材

ロンドンは人種の博物館。人種のバラエティに呼応するように、世界からあらゆる食材が集まってきます。世界中の食材が街中でいつでも手に入るなんて、すごく魅力的じゃないですか。

第24回 ロンドンのお勧めフードショー

ロンドンの食品イベントには、一般の人たちが入場料を払って参加できるものもあります。 いろいろな料理を気軽に試せたり、お店で買うより安く商品が手に入ったりすることで、お得感があるようです。 どれくらいの満足感が得られるものか、イベント巡りに繰…

第23回 甦った! バラマーケット

ショッキングな事件からわずか11日後の6月14日、バラ・マーケットは、多くのファンに見守られながら力強く再開した。私とともにバラ・マーケットをこよなく愛してきた皆さんに、事件から1か月経ったマーケットの現在の様子をご報告したい。

第19回 湖水地方のマーマレード祭り

湖水地方の北の端、古い屋敷と美しい庭園をもつダルメインでは、年に一度マーマレード祭りが開かれている。今年も3月に開催されたマーマレード祭りにお招きいただいたので、ここでご報告をさせていただく。

(2017年更新版)第15回 ヒースロー空港で買えるお土産(ANA,BA編)

イギリスへ旅行に来てお土産を買いに走り回ったつもりが、帰国直前に、あれも買っとけばよかった。きっと空港にもあるはず。でももし空港に無かったら。なんてグダグダ迷うことありそう。 そこで一足先にヒースロー空港へ乗り込んで、どんなお土産を売ってい…

第10回 英国コーヒー界の新参者 "Flat White"

イギリスは紅茶の国。と思って来てみたら、実は街中がコーヒー屋で溢れていた。東京とぜんぜん変わらない!と思いながらメニュー板をよく見たら、なにやら見慣れないものが。 その名は、"Flat White(フラットホワイト)"。カフェラテのようにカップのサイズ…

第8回 喧噪の街 愛しのEdgware Road

最近、引越しました。 これまで約半年、St John's Woodに住んでいました。とても静かできれいな住宅街。 ところが、そこから10分も歩いたところには、アラブ人の街、Edgware Roadが広がっているのです。センジョンとは打って変わって、昼も夜も人々がたむ…

第7回 イギリスのおいしい朝ごはん

「イングリッシュ・ブレックファスト」という料理を知っていますか? 『イギリスで美味しい食事がしたければ、1日に3回朝食を取ればいい』という有名なフレーズには、昼にサンドイッチ、夜はパブでビールとチップスという質素な生活を送っていると、心から…